2017年10月29日

鼻呼吸と口呼吸

鼻呼吸と口呼吸

鼻呼吸の利点
 呼吸するときに貴方はいつも鼻から呼吸していますか?呼吸は多くの人があまり意識せず日常を過ごしていますので、そんなに意識されていない方がほとんどではないでしょうか。
実は、鼻は嗅覚を司る他、優れた呼吸コンディショナーであることを貴方はご存知でしたか?
例えば外気が-20℃でも鼻から呼吸するとその空気は鼻腔を通るだけで体温近くまで上昇し(なんと50℃以上も!)、気管支や肺胞粘膜への刺激を抑えます。逆に熱い空気は冷却の役目を果たし、砂漠ではたとえ外気が50℃くらいあってもやはり体温近くまで冷却します。
さらに鼻で呼吸することにより湿気を含ませることができます。

 この機能のおかげで呼吸器全体の粘膜の乾燥を防ぎ、細菌やウイルス等の外敵からの防御機能、除去機能を維持するのに役立ちます。
鼻呼吸が上手に出来るように成りますと、自然と腹式呼吸も出来る様になり、腹式呼吸によりお腹がリズミカルに上下運動する事による、腸えの影響が増し、セロトニンが出やすくなり、便秘、腹痛なども緩和され易くなります。又、鼻の穴にある毛は優れたフィルターの役目をはたします。微小なチリやホコリ、花粉なども捕捉し、体内への侵入を防ぎます。

 もう一つ大きな機能として、過呼吸症候群になることを抑える働きがあります。近年、過呼吸になってしまうと様々な障害が発生することがわかってきました。常に鼻で呼吸することにより、適量の吸気をいつも確保して、血中のpHバランスを保ち、より効率よく酸素を細胞に運ぶことを可能にします。


口呼吸の弊害 
 一方、口での呼吸は外気の影響をもろに受けてしまいますので、のどや気管支粘膜は常に刺激されることを余なくされます。
特に乾燥にはのど、気管支の防御機能を低下させ外敵の侵入を容易にしてしまいます。喘息を患っていらっしゃる方では風邪などのリスクが高まりまりますので注意が必要です。又、外気の温度も直接粘膜を刺激することになりますので発作の原因にもなってしまいます。
さらに、ホコリやチリ、花粉なども直接体内への侵入をしやすくして発作のリスクを高めます。
又、口で呼吸することは呼吸量の調整が利かず、知らないうちに過呼吸になってしまう傾向があり、喘息やアレルギーを悪化させる方向に導く状態になってしまいます「過呼吸と喘息症状との関係は過呼吸(呼吸亢進で詳細に説明させて頂きました。

 現在は口呼吸をする子供が約8割(大人も口呼吸が増えています)いると言われていますが、口呼吸は口の周辺の筋肉が、正常に発育しないために不整合や、受け口の状態を作り出します。口内が乾くことにより、虫歯や、歯周病、歯肉炎のリスクも非常に高くなります。

 以上、鼻呼吸と口呼吸を比べてみても、鼻で呼吸することの方が利益が大きい半面、悪いことはみあた りません。また、口で呼吸することはハードな運動や水泳のとき以外は百害あって一利なしということです。

 みなさん、これからはご自身の呼吸に是非注目して、よく観察してみてください。
ここできっと面白いことに気づかれると思います。普段からいつも口呼吸してしまっている方は、例えば、何か精神的に興奮している時(テレビやゲームも含む)、大声で笑う時、緊張している時は無意識で口呼吸してしまうことが結構あることに気づかれると思います。

 呼吸にも人それぞれ「クセ」があります。先ずは自らの呼吸をよく観察して、意識して鼻呼吸をするように心がけてみましょう。でも、鼻呼吸のみでは喘息症状や薬を減少させることは難しいでしょう。
ところが、ビューテイコ呼吸法は口呼吸を覚えてしまった脳の中枢神経の記憶を、ビューテイコトレーニングを時間をかけ規則正しくプログラムする事で、中枢神経の記憶を鼻呼吸に書き換える作業をします。
基礎は先ずここから始まります。




posted by ビューテイコ呼吸法 at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください