2018年02月15日

痛剤は危険

鎮痛薬の副次的作用は「急死」心停止リスクが31%増加。 一般的に使用されている薬物であるジクロフェナクとイブプロフェンは、心停止のリスクが有意に増加
http://www.collective-evolution.com/2018/02/12/ibuprofen-can-stop-your-heart-31-increase-in-cardiac-arrest-risk/

「非ステロイド性抗炎症薬」の功罪がまたひとつ : 鎮痛薬イブプロフェンで「急性の心停止」のリスクが極めて高くなることが大規模な医学的調査で判明
in.DeeP
鎮痛剤.jpg

薬草、アーユルヴェーダの鎮痛効果

世界の裏側ニュース
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12024247367.html

わたしの家ではイムネオール、しょうが、シナモン、ひまし油、ペパーミント精油・・・を症状に合わせ使っています。

インフルエンザや細菌、ウイルス等にはシナモンとペパーミント精油の組み合わせが薬の抗生物質以上に効果が有ります。

インフルエンザ、細菌、ウイルスと言えば海外ではチェリー酒や赤ワインが効果が有る事が知られています。

イムネオールこのオイルは非常に優れています。匂いが強い(嫌な臭いでは無いです)ので1滴から使用してみてください。
  • 肩凝り、風邪・インフルエンザなどの感染症対策
  • 花粉症対策、風邪、インフルエンザ、O-157などの感染症予防
  • スポーツ後の筋肉ケア 介護領域での床ずれケア
  • 気分転換、リフレッシュ、集中力増進 呼吸器系の強壮
    イムネオール100 -
    イムネオール100 -




posted by ビューテイコ呼吸法 at 21:51| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。